上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
個別指導塾アイメック
社会人・大学生・小中高生の個別指導塾アイメック
看護学校受験のアイメック
水素水サーバーのアクアバンク
月額3980円水素水飲み放題のアクアバンク
医療用水素水「水素の里まろやか水素水」


Ⅹ=2の時の4Ⅹ+2の値を求めよ。

これができない生徒が割と多いんだ。

4Ⅹ+2とは、4×Ⅹ+2でⅩと2が入れ代わるのだと教えるのです。

4×2+2で10という答えを出して欲しい。

しかし、4+2Ⅹ+2となって、6+2Ⅹとなったり、それならまだしも、この6+2Ⅹが8Ⅹという恐ろしい答えになったりする。

まさに間違いに間違いが重なるのだ。

繰り返しゆくっりと話す。

代入とは、入れ代わるのだよ。Ⅹが消えて、その代わりに3が入るのだよ。

個人差はあるだろうけど、数学で苦しんでる人はこういう間違いが多いのです。



あと、6+2Ⅹを8Ⅹとする間違えも目につく。

6Ⅹ+2Ⅹと6+2Ⅹは違うな。

6Ⅹ+2Ⅹ=(6+2)Ⅹ=8Ⅹだよね。

6ⅩとはⅩが6つあり、2ⅩとはⅩが2つあるんだ。

だから、合計でⅩが8つになる。で、8Ⅹだ。

でも、6はⅩが6つでないね。2ⅩとはⅩが2つだけど。

だから、Ⅹが8つとはならない。もうこれ以上計算ができないのだよ。

6+2Ⅹはここでおしまいになるんだ。


他にも累乗の混同など、挙げていけば枚挙に暇がありあません。

更に言えば、小学生の頃の基本計算が躓いている生徒も目につきます。

基礎をしっかり頑張って、学校の授業が楽しくなるようになって欲しいです。

そのためには、早い段階から塾に通うなどする必要があると思います。





にほんブログ村
スポンサーサイト
2016.05.05 Thu l 学習塾 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://mantoman.blog45.fc2.com/tb.php/61-96d400f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。