FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
蒸し暑い日々が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?ところで、皆様はミドリムシという生物をご存じでしょうか?ミドリムシとは体長約0.05㎜の微生物であり、藻の一種と言われています。このミドリムシは淡水で生息するのですが、動物と植物の両方の特徴を持ち、葉緑体による緑色の体で植物のように光合成を行って栄養分を体内に蓄えるだけでなく、動物のように細胞を変形させて移動したり、暗いところでは小さな生物や有機物を捕食したりすることができるのです。ミドリムシが地球に誕生したのは、今から5億年以上も前のことですが、ミドリムシについての研究が始まったのは、20世紀半ばといったところでしょうか?しかし、研究が日進月歩で進んでいき、宇宙開発、環境対策、燃料、そして食品にまで応用されてきているのです。ミドリムシの素晴らしは、その生産効率(稲の十数倍と言われている)と豊富な栄養(ビタミン、ミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸など約59種類)です。また、生産コストの問題を抱えていますが、バイオ燃料として大変期待されております。近年の発酵食品の注目の高さを考えても、人類の健康への欲求は極めて高いものであり、ビジネスとして見ても拡大していくことは間違いないと言えそうです。20世紀は、味の素や日清食品、ハウス食品、キューピーといった人間の舌と利便性の欲求を満たす企業が繁栄しました。しかし、多くの人々は舌や利便性を満足させる食品に疑問を感じ始めたのではないかと感じます(要は化学添加物がたくさん使われていると)。健康やエコロジーへの意識をしっかり持ち生徒に啓蒙していきたいと考えております(十分ではないのが情けないとこですが…)。
スポンサーサイト
2014.09.12 Fri l 学習塾 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://mantoman.blog45.fc2.com/tb.php/49-68b0b25a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。