上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
アメリカで肥満や心臓病との関連が指摘されるトランス脂肪酸の使用が禁止されるようです。FDA=米食品医薬品局は、揚げ物用の油などに含まれるトランス脂肪酸について「食品に使う上で、安全とは認められない」として、食品への使用を全面的に禁止する方針を固めました。では、トランス脂肪酸とはどんなものかと言いますと…構造中にトランス型の二重結合を持つ不飽和脂肪酸です(説明後述)。トランス脂肪酸は、天然の植物油にはほとんど含まれず、水素を付加して硬化した部分硬化油を製造する過程で発生するため、それを原料とするマーガリン、ファットスプレッド(マーガリンより油脂が少ないもの)、ショートニングなどに多く含まれます。一定量を摂取するとLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増加させ心臓疾患のリスクを高めるといわれ、2003年以降、トランス脂肪酸を含む製品の使用を規制する国が増えていたのだそうです。
二重結合…有機化学(主に炭素・水素・酸素でできる物質の総称)の物質は、炭素・水素・酸素等が1本~3本の棒で結ばれると考え、1本の場合なら単結合、2本の場合なら二重結合、3本の場合なら三重結合となる。
トランス型…二重結合が含まれる物質は、トランス型とシス型に分かれる。下図のように、二重結合を真ん中に置き、左右対称になる(線対称)のがシス型、180度回転して重なる(点対称)のがトランス型と言われる。
不飽和脂肪酸…有機化学の物質の多くは、複数の結合が含まれる。そして、単結合だけでなく、
二重結合が含まれる物質を不飽和脂肪酸と言い、単結合のみの物質を飽和脂肪酸と言う。
二重結合があると、他の物質と化合して、新しい物質に変わるのだが、単結合のみだと、物質はそのままの状態である。魚には不飽和脂肪酸(善玉コルステロールの原因)が多く含まれ、肉には飽和脂肪酸(悪玉コルステロールの原因)が多く含まれる。
ここまで読んでいくと、魚に含まれる不飽和脂肪酸を持つトランス脂肪酸がなぜ体に悪いのという疑問がわく方がいると思います。不飽和脂肪酸でも、シス型の物は、他の物質と化合するのですが、トランス型の物は他の物質と化合しないため、飽和脂肪酸と同様に体内に悪影響を及ぼすのです。とにかく、飽和脂肪酸とトランス脂肪酸を含む食品は制限した方が良いと言われています。
そして、もう一つの疑問として、アメリカをはじめ、トランス脂肪酸を禁止する国もあれば、日本のように禁止されない国もあるのはなぜなのでしょうか?それは、日本人のトランス脂肪酸を含む食品の平均摂取量が低いからと言われています。日本人の主食は、お米であり、うどんやおそばになる時もあります。しかし、欧米人の主食は全てパンと言ってもよく、パンもさることながら、パンに付けるマーガリンに多量のトランス脂肪酸が含まれるため、トランス脂肪酸の摂取量が多いのです。
トランス脂肪酸を多く含む食品 マーガリン(バターは少ない) ショートニング(お菓子やファーストフードの揚物に多い)
トランス脂肪酸の人体への影響 虚血性心疾患(心筋梗塞・冠動脈の閉塞・狭心症) 認知機能の低下
あれダメ、これダメと言い出したらキリがないですが、現代の加工食品は便利であるが故、添加物が本当に怖い。カップ麺、ポテトチップは勿論で、「~の素」、ドレッシング、ソーセージ類、0kcalフード等も、子供たちに多くは食べさせたくない食べ物だと思います。
スポンサーサイト
2013.11.07 Thu l 学習塾 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://mantoman.blog45.fc2.com/tb.php/32-1463a0f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。