FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 5年前に、文科省による国際化採点整備事業としてグローバル30がスタートしました。留学生等に魅力的な教育を提供し、留学生と切磋琢磨する環境の中で国際的に活躍できる人材の育成を図るため、海外の学生が留学しやすい環境を提供する大学を13校選び、政府が補助金や国のお墨付きを与えることで、留学生募集を後押しし、アメリカやイギリスに流れている優秀な留学生を国内に取り込もうという施策です。また、留学生数自体も30万人程度まで増やし、国際感覚の高い人材を育成する狙いもあるとのことでした。今回のスーパーグローバル大学は、グローバル30を発展させ、世界レベルの教育研究を行うタイプAと国際化を牽引するタイプBに分け、留学生の受け入れ態勢や国際教育だけでなく、世界大学ランキングに日本の大学を多く送り込む狙いがあるようです。補助金は10年間に渡り、タイプAで4億2千万円、タイプBで1億7千2百万円が毎年支払われます。圃場金は、外国人教員の人件費や課外外大学との連携に必要な経費などに使われるとのことです。
スーパーグローバル大学37校 
タイプA (北海道・東北) 北大・東北大 (関東) 筑波大・東大・東京医科歯科大・東工大・早大・慶大 (中部) 名大 (関西) 京大・阪大 (中国・四国)広島大 (九州)九州大
タイプB (北海道・東北) 国際教養大・会津大 (関東) 千葉大・東京外大・東京芸大・国際基督教大・芝浦工大・上智大・東洋大・法政大・明治大・立教大・創価大 (中部) 長岡技術大・金沢大・豊橋科学技術大・国際大 (関西) 京都工芸繊維大・奈良先端科学技術大学院大・立命大・関学大 (中国・四国)岡山大(九州)熊本大・立命アジア大
 留学には2つのパターンがあります。一つ目が、大学を休学して、所属大学と連携している大学に語学留学をするケース。二つ目が、大学を休学せずに、所属大学と連携している大学で語学留学と併せて、所属大学での単位認定を得られる講義が受けられるケース(ダブル・デグリーと呼ばれている)。前者の場合は、卒業に5年以上が掛かりますが、後者の場合なら、4年間での卒業が可能になります。近年は、後者のケースを経験した学生の評価が民間企業で非常に高く、各大学としても、そのような環境を整えようと努力していると聞きます。恐らく、補助金でもそういった学習環境作りに使われていくのでしょう。
スポンサーサイト
2014.09.30 Tue l 学習塾 l コメント (0) トラックバック (0) l top
蒸し暑い日々が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?ところで、皆様はミドリムシという生物をご存じでしょうか?ミドリムシとは体長約0.05㎜の微生物であり、藻の一種と言われています。このミドリムシは淡水で生息するのですが、動物と植物の両方の特徴を持ち、葉緑体による緑色の体で植物のように光合成を行って栄養分を体内に蓄えるだけでなく、動物のように細胞を変形させて移動したり、暗いところでは小さな生物や有機物を捕食したりすることができるのです。ミドリムシが地球に誕生したのは、今から5億年以上も前のことですが、ミドリムシについての研究が始まったのは、20世紀半ばといったところでしょうか?しかし、研究が日進月歩で進んでいき、宇宙開発、環境対策、燃料、そして食品にまで応用されてきているのです。ミドリムシの素晴らしは、その生産効率(稲の十数倍と言われている)と豊富な栄養(ビタミン、ミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸など約59種類)です。また、生産コストの問題を抱えていますが、バイオ燃料として大変期待されております。近年の発酵食品の注目の高さを考えても、人類の健康への欲求は極めて高いものであり、ビジネスとして見ても拡大していくことは間違いないと言えそうです。20世紀は、味の素や日清食品、ハウス食品、キューピーといった人間の舌と利便性の欲求を満たす企業が繁栄しました。しかし、多くの人々は舌や利便性を満足させる食品に疑問を感じ始めたのではないかと感じます(要は化学添加物がたくさん使われていると)。健康やエコロジーへの意識をしっかり持ち生徒に啓蒙していきたいと考えております(十分ではないのが情けないとこですが…)。
2014.09.12 Fri l 学習塾 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。